毎年5月、子供の日の猪名川の風物詩が存続の危機にあります。

コロナ禍が始まる前年(2019年)まで、毎年5月にドラゴンランド河川敷(兵庫県川西市)にかかっていた鯉のぼりが、存続の危機にあることがわかりました。

2020年から見なくなったドラゴンランドの鯉のぼり。2022年は見れるのかなぁ〜?と軽い気持ちで、かつて雑誌か新聞に運営者の連絡先として掲載されていた、藤澤さんに電話で確認してみると、

  • 国交相からの紹介(で電話をかけてきたの)か?
  • 82歳のおっちゃん1人では、鯉のぼりを掛けられない
  • 2020年以降、新型コロナとか色々とあって鯉のぼりを掛けられなくなった
  • 鯉のぼりをかけるために川に入るが、この年齢では川に流されたら死んでしまう
  • 後継者を探している

と、切実な現状を語ってくださいました。

藤澤さんから「一度、ドラゴンランド公園で会って話をしよう。」とご提案をしていただきましたが、尼崎に住んでいることから鯉のぼりの事業を引き継ぐことは現実的ではない=無責任なことはできないと思い、丁重にお断りいたしました。

電話をかけるまでは、どこかの団体がかけてくれているものだと勝手に思い込んでいました。

どなたか、協力してくださる方は、いらっしゃいませんか?

【問合せ先】
兵庫県川西市役所:072-740-1111(代表)

※写真は、古曽部弘次さんのブログより引用してご紹介しています。

*****************************************
大阪の出張写真撮影の専門店「はまぐち出張フォト」は、たっぷり撮って、90分19,800円(税込)、平日・休日、撮影人数・撮影ジャンルを問わず安心の一律料金。
*****************************************